Home製品情報 > 殺菌・洗浄手袋
確かな殺菌性

ウイルス・細菌を30秒から5分以内に99.9%以上除去

殺菌・洗浄手袋本体による試験結果

■ノロウイルス

試験目的 拭取り資材のネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)に対する不活性化効果試験
試験方法 試験ウイルス液0.1mLを、5cm角のPE製滅菌フイルム上に滴下し、滅菌ガラス棒で均一に広げ10分間静置した。
三角フラスコの底面に拭取り資材を固定し、付着材上にこのフラスコを置き、横方向にのみ5回往復させたあと、ウイルス感染価を測定した。
試験実施機関 食環境衛生研究所

ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)試験結果(TCID50/0.1mL 試験片あたり)
拭取り資材 拭取り後経過時間 5分
ウイルス濃度 減少率※
104.1
-13000
98.4
次亜塩素 101.5 未満
(30未満)
99.996以上
塩化ベンザルコニウム 102.7
-500
99.93
殺菌・洗浄手袋
(当社品)
101.5 未満
(30未満)
99.996以上
試験使用ウイルス濃度:105.9TCID50/0.1mL(≒800000)
※添加菌量からの減少割合(%)

■大腸菌
試験目的 拭取り資材の大腸菌に対する殺菌効果試験
試験方法 試験菌液0.1mLを、5cm角のPE製滅菌フイルム上に滴下し、滅菌ガラス棒で均一に広げ10分間静置した。
三角フラスコの底面に拭取り資材を固定し、付着材上にこのフラスコを置き、横方向にのみ5回往復させたあと、30秒、1分、5分後の残存菌数を測定した。
試験実施機関 食環境衛生研究所

大腸菌試験結果(生菌数:cfu/片)
拭取り資材 拭取り後経過時間 5分
0.5分後 1分後 5分後
8800000
(92.7)
8400000
(93)
7800000
(93.5)
次亜塩素 96000
(99.9)
16000
(99.9)
4200
(99.9)
塩化ベンザルコニウム 480000
(99.6)
220000
(99.8)
32000
(99.9)
殺菌・洗浄手袋
(当社品)
120000
(99.9)
32000
(99.9)
6100
(99.9)
試行の平均値  添加菌量:120000000 cfu/片
()内は添加菌量からの減少割合(%)

殺菌洗浄液による試験結果
下記の欧州標準試験法に基づいた試験により、各試験菌株に対する殺菌効果が認められました。
  試験菌株 試験菌株 検査基準
殺菌性試験 アシネトバクター 5分 EN13697
緑膿菌、黄色ブドウ球菌、エンテロコッカス・ヒラエ、大腸菌 NF T 72-281
殺酵母菌性試験 カンジダ 1分 EN1650
5分 EN13697
NF T 72-281
殺ウイルス性試験 HIV、ノロウイルス、ロタウイルス、PRV(B型肝炎のモデル)、
BVDV(C型肝炎のモデル)
5分 NF EN14476+A1
殺胞子性試験 クロストリジウムディフィシル 15分 EN13704